火鉢の使い方 まず灰

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、火鉢には最低限「灰(はい)」が必要です。
灰を敷いて、その上で「木炭」を燃やします。

砂利ではイマイチです。
灰よりも断熱性がないからです。
火鉢に熱を伝え、炭火の燃焼もよくありません。

うーん、火鉢よりも、まずどうやって灰を集めるかが、問題の気がします。

と、思ったら

火鉢用 梅木炭灰 10kg

10kg 9500円だって!  お店は 備長炭グッズのお店~豊栄~

・・・売ってるんだ。

火鉢購入費用に
灰費用を上乗せして試算しないといけませんね!

     



Comments:

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://hibachnotukaikata.blog6.fc2.com/tb.php/2-7da5ef89
Listed below are links to weblogs that reference
from 火鉢の使い方
このサイトで人気の火鉢
このサイトで人気の火鉢です。

網代手あぶり火鉢
竹ですよ!網代編みですよ!
一目で魅力を感じた火鉢なので、他の方も興味あるんだ〜と思うとウレシイです!
火鉢の通販、販売店
三浦古美術WEB
上質な火鉢が揃った骨董店。蒔絵、漆器の火鉢もあります。

金蒔絵・菊桐文形火鉢(手あぶり)
ショップ三浦古美術WEB

炭・備長炭・オガ炭 サクラ産業
炭屋さんですが、陶製手あぶりの火鉢もあります。

山水火鉢
ショップ 炭・備長炭・オガ炭 サクラ産業

手作りキットの店アウベルクラフト
囲炉裏を手作りできる、囲炉裏キット。移動できる囲炉裏です。

手作り囲炉裏キット
卓上サイズもあります。お餅焼きたい!
ショップ 手作りキットの店アウベルクラフト
リンク

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。